チルドのうどんやそばを使った簡単な時短料理を紹介

チルドのうどんやそばは、ちょっとした工夫を加えるだけでいろいろな味が楽しめます。

そこで、チルドのうどんやそばを使った簡単な料理を紹介します。

この料理は作り始めてから10分もあれば完成する時短料理ですので、時間がないときに作る料理としておすすめです。

チルドのうどんやそばに具材として木綿豆腐を加える

まずはじめに水を400㏄ほど鍋に入れ、そこにチルドのうどんやそばと適量のめんつゆを入れます。

このとき、一緒に乾燥したワカメを入れておくと、食べる頃にしっかりと戻っています。

鍋が沸騰させるのを待っている間、具材として使う木綿豆腐を包丁でカットします。

カットする大きさはお好みで構いませんが、3連パックの1つを9等分すると食べやすくなります。

木綿豆腐は箸で掴んでも型崩れしにくいので、汁料理には使いやすい具材です。

沸騰したら、カットしておいた木綿豆腐をそのまま入れ、火を弱火から中火ぐらいにまで弱めて少しずつ煮ていきます。

豆腐は火がかなり通りやすいので、熱くなり過ぎないように調節します。

後はそのまま10分弱煮込めば、それで完成です。

もしもスパイスが欲しければ、完成後に七味唐辛子を加えて食べても構いません。

簡単にできますので、時間がない時にぴったりの料理です。

おすすめ料理教室はこちら

具材を野菜やきのこにしても美味しい

もしも木綿豆腐以外を使うなら、具材を野菜やきのこに替えてももちろん美味しく食べられます。

野菜は、小松菜、春菊、大根、オクラ、長ネギ、きのこは、まいたけやしいたけがおすすめです。

他に風味付けをするなら、ゆずを加えると味がさっぱりします。

煮られるものなら何でもアレンジできますので、いろいろな組み合わせを楽しめるのがこの料理の魅力です。

まとめ

料理をする時間があまりないときは、時短料理がおすすめです。

チルドのうどんやそばは、具材さえ替えればいろいろな味になります。

また、七味唐辛子やゆずなども加えればさらに違った味になりますし、簡単に早くできますから覚えておいて無駄にならない料理です。

東京ガス料理教室「男だけの厨房」(4~6月)の開催